とちぎ米-1コンテストの開催

栃木県総合文化センター 特別会議室にて、とちぎ米-1コンテストが12月6日開催され、県内の消費者70名が参加されました。

第1部 五ツ星お米マイスター澁谷梨絵さんの講演
「お米の種類と特徴、料理にあったお米選び」と題しご講演いただきました。
お米の選び方や、保存方法など、また栃木の米の評価など、ご講演いただきました。

第2部 とちぎ米-1コンテスト2017
 県内良食味米生産の取り組みを消費者等に情報発信し、実力あるとちぎ米「コシヒカリ・なすひかり・とちぎの星」の認知度向上を高め消費拡大を図るとともに、さらなる品質・食味向上を目指し生産意欲の高揚を図るため、「とちぎ米-1コンテスト2017」を開催し、優秀な生産者には表彰を行うことを目的に開催されました。
出品米点数は、総合数128点 (コシヒカリ78点 なすひかり19点 とちぎの星31点)が出品。
特別審査員3名(米・食味鑑定士芦垣裕氏・米・食味鑑定士渡邊仁氏・五ツ星お米マイスター澁谷梨絵氏)を含む審査員により審査され、それぞれの銘柄ごとに、大賞・金賞・銀賞が選ばれました。
●コシヒカリの部
大賞 荒巻 亨様(さくら市) 
金賞 小滝昭栄様(矢板市) 
銀賞 保足 清様(足利市)
●なすひかりの部
大賞 露久保一夫様(那珂川町)
金賞 渡辺嘉久様(大田原市)
銀賞 加藤宗史様(さくら市)
●とちぎの星の部
大賞 宮田良夫様(小山市)
金賞 檜山宗一様(茂木町)
銀賞 内堀雅司様(小山市)
受賞者の皆様、本当におめでとうございます。


また、参加された消費者にも、審査会と同じ内容で、9種類の米を食べ比べてもらい、それぞれの食味や香り、艶などの違いを楽しんでもらいました。



トラックバック

このエントリのトラックバックURL: